1. HOME
  2. NEWS一覧
  3. 待ってました!VFだけの期待の〇〇〇!!!

2020.11.05

待ってました!VFだけの期待の〇〇〇!!!

NEW ITEM


米国、大統領選開票中。
今回は時間がかかるようですね。今週中には決まるのでしょうか。
コロナによる政権不安とか、郵便投票は不正が起こるだとか、暴動対策で店舗が閉鎖とか、不安が露呈してますね。

いったい誰がリーダーシップを取るのでしょうか。

救世主を期待してるのか、誰かを頼る気持ちもわからなくもないですが、国を守る、家族を守るのも同じで、結局最小単位は個や家族。
一人では難しいことも、家族や仲間で知恵を絞って守りたいですね。

米国といえばハリウッド映画でもピンチの時の救世主登場といったものが多いが、その中でも男臭いストーリーやミリタリーファッションも強い影響を受けてきた。

今回紹介するのもミリタリーファッションを代表するアイテム。しかもなんとVFだけの取り扱い!



melple:MA-1 (Thinsulate):Olive:L

MA-1をベースに、melpleらしいこだわりのあるディテールを詰め込んだ一着。都会的なモダンな印象にブラッシュアップ。丁度いい着地点。



野暮ったくなりがちなミリタリージャケットを品よくアレンジされてますね。






表地はしっかりした厚みがある屈強な高密度のナイロンツイルを採用し、防風にも優れ、撥水加工もされている。



中綿はシンサレートエックスソフト。
一般的な中綿に比べて、20~30%程軽量で暖かさは十分キープで素材の柔らかさを追求した高機能中綿。この手の昔のフライトジャケットはとにかく重い。



確かに過酷な環境で耐えうる、さらには量産といった条件なので仕方がなかったが、今のハイテク素材になるとこうも変わってしまう。



見た目の古き良きところは残しつつ、シェルと中綿は高機能とハイブリットなプロダクト。男っぽさも残しつつ、品良く着れて利便性もばっちり。



シルエットは当時のバルーン型の古臭いタイプではなくストーンとボックスシルエットで野暮ったさを解消。



特に印象的なのが裾と袖リブをなくし、切り替えの袖と裾との相性は全体的にすっきりとした落ち着いた印象。



サイドベンツには、裾からちらりと見える別布使い、袖と同素材のツイード調でファッション性の高い生地を採用。
スナップボタンで開閉可能になってるのでデザイン性だけではなく、動きやすさも◎



旬度の高いデザインでアメカジの鮮度もアップ。
ミリタリー感も引き出した巧妙なスタイリングができる。



MA−1のデザインを象徴するアームポケットも健在。アイコン的意匠。



ポケットも手が入れやすい角度に配置。






首元はスタンドアップショールとでも言おうか。立てると防寒性UP。この部分も当時のヨレヨレのリブ衿から見栄えは全く変わる。



フロントのファスナーは贅沢なダブルジップ。しかも当時のものは無骨でかなり主張あるファスナーだったか、小ぶりなマットブラックのフ
ァスナーでシックで落ち着いた雰囲気。



当時のモノはそれはそれで良かった。
ハンターでのスティーブ・マックイーンも渋くキマってましたね。40~50年は裕に超えているモデルが時代に合わせて変化をしながらも未だにオマージュされているなんて、ついつい脱帽ですな。
時代の変化に適応しながらも " 最もらしい " 救世主となると良いですね。

Text:菅
melple:MA-1 (Thinsulate):Olive:L
melple:Berkeley Over Shirts(Shaggy check):Black:M
melple:S.G.SLACKS Elite E101-LW:Charcoal:M
AIRWALK:OUTLAND:Sand:9
関連キーワード
MA-1melpleシンサレートミリタリー
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT
RANKINGランキング
CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ
PAGE TOP
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT

© Copyright DELTA CO., LTD. All right reserved.