1. HOME
  2. NEWS一覧
  3. トラッド回帰でコーデュロイをドレスダウンで。

2019.11.29

トラッド回帰でコーデュロイをドレスダウンで。

MY FAVORITE

欅の街路に落ちた葉が冷たい空気と舞い、いよいよ本格的な冬へと向かっていますね。 



melple:CD CLUB JKT 
melple:CD Basic Trousers 

冬の定番として忘れてはならないのがコーデュロイ。
着古した味のあるコーデュロイのブルゾンやパンツなら若い頃はたくさん着た。
仕事柄、多様な服にチャレンジして来たとは思うが、セットアップやスーツは特別なものだと、なかなか着る機会はなかった。
だが40歳を超えてくると自然と上下で着てみるのも悪く無いなと、
なんとなくそんな風に思えてきたので
こんな記事を↓ ↓ ↓



ビギン掲載写真 Begin12月号にも掲載。 


生地拡大写真 
コットン100%のコーデュロイ生地を使用し、インディゴの風合いがラフに着用でき、経年変化でまた違った表情を楽しめます。


二つボタンの金釦仕様。


アメトラといえばサイドベンツ。


縫い代は全てパイピング仕上げ。


ボトムは太過ぎず細過ぎず、すっきりしていていながらも
股上は少しゆとりがある。


セットアップで着ても無理がない。
今回のスタイリングは同世代の方に向けた、
素材を活かしつつ、アメトラ過ぎず、都会的で
ラフな着こなしに注目してみた。
シャツはインでもアウトでも。


メタルボタンがさり気なく効いてますね。


最近ではユニクロでUNIQLO and JW ANDERSONが発売されたように
今季はトラッドとアウトドアもキーワードとして外せないようです。 
デザイナーのイメージのひとつとして英国のビーチ・リゾートのある街も参考になったとか。 
visitors file的に解釈すればビーチ&リゾートはmelpleの得意とするところ。 
コーデュロイにハリスツイード合わせなど古き良きトラッドスタイルもあるけれど、 
頭を柔らかくして、気の張らないリラックス・スタイルもひとつおすすめである。 

着てみた感想。 
柔らかいコーデュロイ素材なので堅苦しくないのがいい。 
インディゴなのに光沢感も程よくあり、 
着崩しても、どこか品のあるスタイルが組めるので、 
着る機会も増えるかも。 

Model &Text: 菅 
着用サイズ : すべてLサイズ 

melple:CD CLUB JKT 
melple:CD Basic Trousers
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT
RANKINGランキング
CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ
PAGE TOP
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT

© Copyright DELTA CO., LTD. All right reserved.