1. HOME
  2. NEWS一覧
  3. 旅♪

2019.11.23

旅♪

Best Trip in my Life

先週末までの出張の影響もあり戻ってきた今週はいつにも増して怒涛の1週間でした。
ここ最近はコチラのNEWSもスタッフに任せる事も多くなってしまってますが、、、
Visitors Fileって名前の如く折角なんで今日は商品のご紹介の前にたっぷりと『旅』について振り返ろうと思います♪

UBRの本拠地であるノルウェー・オスロについては既にスタッフからも紹介してもらいましたので今日はポルトガルについて写真多め、コメント短めに紹介しますね(笑)

最初に入ったのは首都であるリスボン!

みなさんにとってのポルトガルのイメージってどんな感じですかね?
自分は風光明媚な街だと思ってました。

イメージ通りに観光スポットからは最高の景色が広がってました。





ガイドブックには「壁面アート」と書かれてましたが、単なる落書き!が街のそこら中に(笑) 
これはリスボンに限らずその他の街でも同じでした。
ポルトガル人は落書き好き!と新たにインプットしました(笑)

あとは坂道だらけとういか平坦なところが限りなく少ない街がリスボンでした。
ランニングしながら思った事はこんな街で育ったら凄い脚力つくな~って♪
ふと昔の女子マラソン選手、ロサモタ!?を思い出して、確かポルトガルの選手だったな~と。
来年のオリンピックでもポルトガルの選手に注目してみたいと思いました。


その後は北上して行ったのですが、移動の途中でも沢山の街や観光名所にも立ち寄りました。
勝海舟みたいな発音のCascais(笑)

今回、同行してもらったスタッフでポルトガルで建築業に関わっている方がいたので有名な建築も解説してもらいながら見れました。

この建物はポルトガルの建築家で建築界のノーベル賞と言われてるモノを受賞した方が建てた代表作の様です。
う~~~ん、分かったような分からんような(笑)


その後はユーラシア大陸の最西端=LANDS END ロカ岬にも立ち寄りました。

ポルトガルはユーラシア大陸&ヨーロッパの西海岸な訳ですが、
自分の大好きなカリフォルニアの西海岸とは違う側面と逆に何だか同じような匂いも少し感じました。
その昔、ポルトガルは各地に侵攻していった歴史もあるし、色んなところでポルトガルの名残りを感じるのでしょうね。


超巨大な波が立つサーフポイントとして有名なNazareにも滞在しました。

漁師町であり、ナザレ特有の伝統衣装も有名で今回の旅の中でも1番楽しみにしていた街でした。

小さな街ですが隅から隅まで全部をインプットしようと思って沢山歩き回りました♪










朝市をはじめ至る所で伝統衣装をまとったおばちゃんが沢山いました。





ナザレの街では女性が働き者の様ですね!


そして後半3日くらいはポルトガル北部のPortoの街へ

ポルトガル各地で見られるタイル張りを総称してアズレージョと言うのですが、ポルトガル語でAzul(アズール)=青を意味していて青いタイルが元々はAzulejoと言われていたようです。
その後タイルを示す総称として使われる様になったとの事。
そんな事もありポルトの街中には旧い歴史的(世界遺産)のアズレージョを使った建物が至る所にあります♪





街の中心地は区画丸ごとが世界遺産になってたりと言うまでもなく素晴らしい街でした。

ポルト近郊は様々なカテゴリーの工場があり、街中をゆっくりと散策するよりも朝から晩まで工場廻りが中心ではありましたがそれでも限られた時間の中で街の魅力もとても感じる事が出来ました♪



そんな感じの出張でした!

東京は急に寒くなってきたんでおススメのUBRダウンとかでも紹介しようと思ってましたが、、、
また今度にします(笑)
何だかただの旅行報告みたいになってしまいましたが最後まで読んで頂いた方々ありがとうございました(笑)

@takehito_onodera でインスタもあるんで、リアルタイム旅行情報を見たい方は是非フォローしてみて下さい♪
ではでは良い週末を!

関連キーワード
TripポルトガルUBR

RELATED NEWS関連記事

UPDATE新着記事

MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT
RANKINGランキング
CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ
PAGE TOP
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT

© Copyright DELTA CO., LTD. All right reserved.