1. HOME
  2. NEWS一覧
  3. ついに発売開始! JAMES GROSE別注ライダースジャケット♪

2017.01.10

ついに発売開始! JAMES GROSE別注ライダースジャケット♪

NEW ITEM

年始でこちらのNEWSで皆さんに
“飲み過ぎに注意して下さいね!”なんて締めくくった自分が、、、
まさかの、、、入院中です(笑)
詳しい原因は不明ですが飲み過ぎというよりは、むしろ“肉”などの喰い過ぎで内臓系がヒ~ヒ~弱音をはいてるみたいです。
身体動かしたり、うがいや手洗い必ずしたり、食事も肉ばかりに思われガチですが野菜もかなり採ってたり、、、 自分としてはそれなりに体調管理には気を配っていたつもりですが身体って解らないモノですね~
日に日に回復を感じますし、この様にデスクワークは少しは出来る様になってきましたんでご安心を♪



さて、年末に1度NEWSで工場模様を上げさせてもらいました

英国製のライダースジャケット『JAMES GROSE×Visitors File』
自分自身もかなりヘビーローテーションで愛用しているのですが、業界関係で会うバイヤーやスタイリストさんなど方々から褒めちぎられて、カッコいいのはオレか!?って勘違いしてしまう程です(笑)

そんな訳で今日は具体的にそのディティールについてご紹介したいと思います。

まずレザーは厳選した1.4㎜~1.6㎜のカウナッパレザー(牛革)を用いています。 きっと皆さんがよく目にしてきている古着屋さんのガチガチで重く固いレザーやライダースブランド以外から発売されてる良くも悪くも薄かったりするレザー そのどちらにもこのレザーは当てはまらず、厚手でありながらも柔らかさもあり見た目以上に全然軽く感じます♪

そこには昔からのイギリス製のライダースジャケットの流儀みたいな部分が詰まっているのです。
イギリス製のライダースジャケットは昔からアメリカ製のライダースに比べ柔らかいレザーを使用しています。
それはアメリカ製はハーレーダビッドソンを代表とするいわゆるアメリカンタイプ(踏ん反り返って乗車)のライディング(比較的ゆっくりしたライディング)に適した着丈が短く、身幅も大きく、アーム等もゆったりとした作りでレザーも耐久性を重視した厚手の硬いステアハイド等を使用しています。
一方イギリス製スタイルはロッカーズの人たちがカフェレーサースタイル(いわゆる前傾姿勢のバイク)を好むため、前傾姿勢でも背中が出ない比較的着丈が長く、スピードを出してもバタつかないように比較的タイトなパターンが主流です。 またレザーに関しても窮屈な乗車姿勢でも動きを妨げないように柔らかいレザーを使っています。
当時からの伝統的なスタイルを再現する為にもこだわり抜いたレザーを仕込んでいるという事ですね!

レザーだけでも随分と熱くなってしまいましたが、、、
今回のVisitors Fileのスペシャルモデルは本当に沢山のワガママを取り入れて頂いたので説明したいと思います。

今回のモデルとしたのがJAMES GROSEでも1番人気を誇る



定番の通称“マニラジャケット”

英国の伝統的なライダースジャケットに上手く現代的にモダナイズされたシルエットなど既に完成度の高いモデルです。
そんな事もあって中途半端なイジリでは逆効果!?と思いまして、自分らしく思い切って仕様変更を決断!!!

一言で表すならば“融合”でしょうか。

どこがどの様に融合したのか? 
洋服好きな方々にはピンと来る人も多いかも知れませんが、、、
先ずはイギリス製の伝統とも言える身頃や袖に複数付いているボールチェーン付きのポケットを全部排除してよりスッキリとさせました。

またウエストに付くストラップベルトも思い切って排除しました!
本来はZIPPERでタンクを傷つけない様に付けられているウエストベルトですが個人的にはいらね~なと思い取ってしまいました(笑)

この2か所の変更により今までライダースは合わせにくいな~~って方々にも馴染易くなったかと思います。

その代わりにアメリカ製ライダースの代表的とも言えるアイコンの通称“Dポケ”をドスンと1つ付けました。

イギリス製らしい細長い綺麗なシルエットやWライダースの小さな襟(ラペル)にアメリカらしい“Dポケ”が絶妙に融合しています。

そして“Dポケ”に打つスナップ釦だけVisitors File刻印入りのオリジナルを使用しました。





スナップ釦全部を刻印入りにしようかとも迷いましたが、象徴的なDポケに1つだけつく方がスッキリして良いなって判断しました。

次にZIPPERにもこだわりを加えました。

従来はメタルの引手のみなんですが、レザー製の引手をさらに取り付けてもらいました。
個人的にはアメリカ製のフライトジャケットなんかも凄く好きなんで、その辺をイメージしてレザー引手を採用しました。
これによりグローブなどをした状態でもよりZIPPERの開閉がし易いというメリットも生まれますね。

あとは一見すると分かり難い部分ではあるのですが、通常のマニラジャケットよりも袖丈を3㎝短くしてもらいました。 
これは単に自分にとってベスト丈にしたいってのが1番なんですが(笑)
やっぱりライダースジャケットはバイクに乗る時の為に開発されてるので、どうしても少し袖丈が長めなのかな~って思います。
自分は日常での着用がメインとなりますし微調整をお願いさせてもらいました。

また裏地も通常はバーガンディレッドのものを濃紺(ブラックネイビーっぽい)色目に変更しました。


ざざっと
・複数のポケットを排除
・ウエストベルトを排除
・Dポケ追加(VF刻印スナップ釦を採用)
・レザー引手を追加
・袖丈3㎝短く
・裏地カラー変更
以上が今回のスペシャルモデルの特徴となりますね。
正直、ここまで細かい別注を受けた事ないと言われてましたので、やはり現場に行ってお願いした甲斐がありましたね♪

その他でもこのライダースの特徴的なディティールとして挙げられるのが
フロントZIPにはベルギーのアルバート社の復刻(約9mm幅)アルミ製ZIPPERを採用しています。 60年代~70年代の英国製ライダースでよく採用されていた有名なジッパーを復刻したもです。



しかもWジッパー仕様なんで色んな着方が楽しめますよ!

また背面についているROKKOというピンがないタイプのバックルも英国製ライダースの特徴とも言えます。

 
  
完全なる自己満足ではありますが、本当に世界で1番格好良いライダースが作れたと思って満足しています♪
是非、袖を通して実感してもらえたらと思います。

今回、こちらのライダースは『Visitors File』
紹介&同行してもらった雑誌Beginの『Begin Market』
の2つのサイトに加え 
ジャーナルスタンダード新宿
ジャーナルスタンダード横浜
ジャーナルスタンダード ルクア大阪
ジャーナルスタンダード名古屋
上記4店舗でも展開する事が決定しましたので、試着したいな~って方は是非店頭にも行ってみて下さい♪


JAMES GROSE×Visitors Fileライダースジャケット
  

関連キーワード
JAMES GROSEライダースジャケットVisitors Fileロンドン
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT
RANKINGランキング
CATEGORYカテゴリ
ARCHIVEアーカイブ
PAGE TOP
MAIL MAGAZINEメールマガジンの登録はこちらから
メールアドレスを入力してください
SUBMIT

© Copyright DELTA CO., LTD. All right reserved.